内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)

内視鏡(カメラ)を使って胆道(胆嚢や胆管)・膵管(膵臓の管)に造影剤を注入し、これらの管の状態をレントゲンで見る検査です。
近年では診断のための検査のみならず、この技術を応用した様々な治療が行われています。

内視鏡的逆行性胆道膵管造影とは

内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP :endoscopic retrograde cholangiopancreatography)は、内視鏡(カメラ)を口から入れて食道・胃を通り、十二指腸まで進め、胆管や膵管に直接細いカテーテル(チューブ)を挿入し造影剤を注入してレントゲン写真を撮影することで、胆道及び膵管の異常を詳しく調べる検査です。
本検査は1970年に開発されて以来、これらの臓器に関する病気の診断と治療に大きな貢献をしてきた標準的な検査法です。
エコーやCT・MRIなどでもこれらの管に関する情報を得ることはできますが、直接的に検査ができ、必要により病気の部分から組織を採取して病理検査をすることができるため、ERCPがこの領域の最終的な精密検査法として位置付けられています。

ERCPを利用した治療

ERCPは開発された当初は、胃のバリウム検査などと同様に画像による診断を行うためのレントゲン検査でした。
近年、ERCPの技術を応用することで、胆管や膵管の様々な病気の治療(内視鏡的手術)を行うことができるようになりました。
ERCPによる内視鏡的手術は内視鏡のみを使っておこなうので、皮膚に傷は残らず、全身麻酔による開腹手術と比べれば体への負担が少ない治療と言えます。
胆管や膵管に結石(胆管結石・膵石)が見つかった場合、ERCPにより除去を行うことができます。
これらを開腹手術で行っていた時代に比べて、治療による偶発症率・死亡率は大幅に減少しました。
胆管や膵管に狭窄がある場合、プラスティックや金属の管(「ステント」と呼びます)を胆管や膵管に挿入して、消化液(胆汁、膵液)の流れを回復させることができます。
胆管や膵管に狭窄ができると消化液の流れがよどみ、細菌感染が起こりやすくなります。
胆管や膵管の感染症は敗血症に移行しやすく重症になりやすい病気ですが、ステント治療が行えるようになったことで命に関わるほど重症になる患者さんの数は減少しました。

検査の流れ

・ERCPは入院で行う検査になります。
・前日、または当日より入院してもらいます。
・検査前にのどを麻酔薬で麻酔します。
・検査台に左側を下にして横になり、静脈注射にて意識をぼんやりとさせます。
・内視鏡を口から十二指腸まで挿入し、処置を行います。
・30分から1時間程度で終了した後、病室に戻り、休んでもらいます。

合併症

ERCP後の合併症として最も多いものが膵炎です。
検査後の膵炎は全体の2~7%、に起こるとされています。
ほとんどは軽症の膵炎で数日間の入院延長で改善しますが、稀に重症化(0.3~0.6%)した場合には強い疼痛や多臓器不全や胆管炎を起こす可能性もあり、他にも十二指腸や胆管の損傷による出血、穿孔(穴があくこと)、腹膜炎などの重篤な合併症を起こし命に関わることもあります。
万一、副作用や偶発症が起きた場合には最善の処置・治療を行います。
入院期間の延長や緊急の処置・輸血・開腹手術などが必要になることがありますが、その際の診療も通常の保険診療にて行います。
当院では重篤な合併症は起きておらず安全に受けて頂ける検査となっています。